頬の赤み、ヒリヒリの原因とは…


乾燥

巡りセラピストの大原です。

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

ほっぺが赤くて、ヒリヒリする…

 

4年前の私の肌がまさしくそうでした。

 

温度差で、真っ赤になるほっぺ。

 

ちょっとこすったりすると、赤くヒリヒリする。

 

皆さんはどうですか?

 

これって、角質が整っていないのです。

 

角質は例えるとお家の屋根の瓦。

 

整っている角質というのは、瓦がキレイにならんでいる状態を言います。

 

だから、しっかりと雨や風を防いで、外気が侵入できないのです。

 

でも、この瓦がバラバラだったり、ゆがんでいたりすると雨や風が入ってくるのと同じようにお肌にも外気の刺激物や、有害物質などが入ってきてしまいます。

 

このため、赤みが出たり、ヒリヒリと炎症が起こるのです。

 

これだけではありません。

 

水分を保つ角質が整ってないので、保湿力が無いですから、乾燥肌はもちろん、シミやシワの原因にもなります。

 

このように、外気からお肌を守るということから、バリア機能と言われるのです。

 

なぜ、このように角質がバラバラになってしまうのでしょうか…

 

一番の要因は、刺激です。

 

クレンジングの摩擦や、過剰なスキンケア。

 

とにかく、お肌に摩擦や刺激は禁物です。

 

お肌に赤みが出たり、ヒリヒリ感があったら、何もせずにそっとしておくことも一つの方法です。

 

良くない、弱い角質がはがれて行きます。

 

そして、お肌が落ち着いてきたら、バリア機能を高めるための、強い角質が作られる環境を作りましょう。

 

角質つまり瓦をくっつける役割をするのが、セラミドです。

 

セラミドでしっかりとくっついた角質は外気を寄せつけない強いお肌なのです。

 

整った角質は、程よい脂質と水分が保たれて、いつも潤っています。

 

サロンのフェイシャルコースでは、この角質を整えることからスタートします。

 

お家では、刺激の少ないスキンケアを心がけましょう。

 

3ヶ月位続けると、お肌は変化を見せてくれます。

 

潤った、モチモチの元気なお肌です。

 

美しく、元気なお肌をりましょう。

 

同時に、にっくき「たるみ」もやっつけて、-5歳を目指しましょう。

 

 

お試しメニューをご用意しております。

image005

 

ご予約・お問い合わせはこちらからお願いします。

image027